HOME > 技術情報 > 立体解析

金属制造

有限要素法あるいは逐次解析手法を用いた線形解析、幾何・材料非線形解析や動的解析などにより、構造物の強度を立体的に評価します。

標準的な立体解析検討手順をご紹介します。

潍坊工艺金属制造

事例:不同変位による2次応力を加味した鉄塔の強度評価

(1)構造物のモデル化

・柱脚支持の立体骨組み構造とする。

(2)形状図作成

・節点番号・要素番号を形状図に記入する。

(3)荷重設定

・荷重計算を行なう。

(4)不同変位量設定

・基礎不同変位量(X,Y,Z)を脚毎に設定する。

(5)データ入力

・部材構成要素の種類を設定する。(3次元骨組み要素)
・部材の材料特性値を入力する。(部材断面積等)
・各節点の座標値X,Y,Zを入力する。
・荷重を入力する。
・支持点位置を入力する。
・基礎4脚に強制変位を与える。

(6)解析実行

 

(7)解析結果チェック

 

(8)部材応力表作成

・荷重ケース毎に解析結果を表にまとめる。

(9)部材応力比較

・設計値と立体解析値との比較を行なう。

(10)部材強度検討

・立体解析の最大応力で部材強度検討を行なう。

(11)部材サイズアップ

・安全率を満たさない部材・ボルトはサイズアップする。

(12)部材強度検討結果

・強度検討結果を表にまとめる。

(13)まとめ

 

温州强达金属制造

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

愛知金属工業株式会社
販売本部 営業部
電話:0568-81-0996
FAX:0568-81-5515